2006/12/26

私と青島幸男おばあちゃん 最終章

Ijiwaru001

 ちょっと内緒ですが・・・、
 実はおばあちゃんは、あんまり台本を
 読んで来なかったりするんです・・・。

 意地悪ばあさんは撮影する事が
 たぁ~くさんある事と、新鮮さを大事に
 するので、まず場所や段取りを決める
 ドライリハーサル、そして本番さながらの
 カメラリハーサル、そして本番の3回しか
 やりません。

Aoshimasan30a

 そんな中、おばあちゃんは一人だけ
 カメリハでも台本を見てやってたり
 するんです・・・。
 ところがところが、私どれくらい青島さんとの
 シーンを撮影したか分かりませんが、
 ポンポンと素早いセリフの応酬の中でも、
 NGを出した所をまず見た事がありません!

 いやそれどころか、その辺の役者さん顔負けの、
 素晴らしい間と表現力で、あの波多野たつを
 正に生き生きと演じるのです!!

 もっとも、製作・監督・主演の映画で
 あのカンヌ映画祭に入選しちゃうような
 方でもある訳ですから・・・。

 万年、ただただ脱帽・・・・・。 

Aoshimasan12a   

 普通才気溢れる方は、触れると怪我をする
 鋭い刃物みたいな方が多い中で、青島さんは
 全然違います。

 実に自然体・・・・・。
 その優しさ・暖かさに、お会いした人は
 み~んなファンになっちゃう。
 意地悪が痛快に見えるのも、
 正に青島さんそのままだからです。

Iji9a

 これは私、夢の中でおばあちゃんになった
 シーンの扮装です。

 意地悪ばあさんでは、夢の中の
 シーンが沢山たくさん出て来ました。
 因みに万年さんも、その時は良くもてました!

 おばあちゃんも三途の川を渡る時は
 鬼がしてやられ、閻魔様も舌を抜くどころか
 舌を巻く堂々たる態度。
 またこの世に追い返される事が何遍も・・・!

 青島さんもきっと今頃、天国の天使と
 地獄の鬼とも一緒になって、楽しく
 酒の席で盛り上がっているような・・・・・。

 おばあちゃん、またみぃ~~んなを
 ファンにしちゃって下さい!!

Iji7a

12月 26, 2006 意地悪ばあさん | | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/12/24

私と青島幸男おばあちゃん その2

 撮影ははじめから絶好調、レギュラー陣も
 本当に家族・町内会かと思わせるほど、
 おばあちゃんを中心に息もピッタリ!

Aoshimasan23a

 そしていよいよ『意地悪ばあさん』の放送が
 始まる前、プロデューサーさんが「ビデオリサーチ・
 ニールセン、視聴率が2つとも30%を超したら、
 この番組もドーンとハワイロケですかねぇ!」
 なんて話してました・・・。

Ijiwarua

 ところが・・・、いざ始まってみると、
 両方共あっさりと30%を超す快進撃!
 結局ハワイはもちろん、オーストラリア・
 沖縄・福岡・長野、北海道は毎年と、
 現在のドラマ製作事情では考えられない
 結果となりました。

Ijiwaru_05
Iji2a

 番組の節目のパーティーにおいては、
 いつも私が司会、イッセーさんが一人芝居の
 新作を披露する流れ・・・。(因みに彼は、
 この番組撮影時に文部大臣賞を受賞)

 特に青島さんが直木賞を受賞した時は
 大盛り上がり!
 お開きには、おばあちゃんがそこに居た約70人
 全員に、男女を問わずほっぺにチューッッ!!

Aoshimasan8a

 次の朝、おばあちゃんは私に会うなり
 開口一番「万年さん、どうも唇が腫れて
 ヒリヒリするんだけど、どうしたのかなぁ~」。

 早速前夜の報告をいたしますと、
 「なんだよ、お前にもチューしたの!?
 そりゃー大失敗!!」と
 嘆いていらっしゃいました・・・。

                     (つづく)

Aoshimasan25a

12月 24, 2006 意地悪ばあさん | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/12/21

私と青島幸男おばあちゃん

 昨日は沖縄で、27日放送のおもいッきり
 テレビのロケをしていました。
 素晴らしい塩を作っておられる高安さんという
 社長さんの取材です。

 このご報告はまたいたしますが、
 社長が沖縄には何回も来てるのかと
 言われるので、レポート番組では離島も含め
 たくさん来ている。
 しかし、ドラマでは意地悪ばあさんのロケが
 とても印象に残っています! とお答えしました。

Aoshimasan19a

 そしてその5分も経たないうちに、会社から
 携帯に一通のメールが入って来ました。

 「青島幸男さんが亡くなりました」

 おばあちゃんが最後に教えて
 下さったんでしょうか・・・・・。

 考えると、私は青島さんを『青島さん』と
 呼ばせていただいたのは数えるほどです。
 『おばあちゃん!』
 青島さんが意地悪ばあさんのかっこを
 なさっている時はもちろん、普通にセーターを
 着ている時も、ネクタイをしめてる時も、
 都知事に当選したお祝いの時も、
 「おばあちゃん、おめでとうございます!」 でした。
 これは番組のレギュラー・スタッフ陣すべてです。

Aoshimasan18a

 「その万年の役、三波豊和くんが良いよ!」
 青島さんは、かつて日本TVで演じた
 意地悪ばあさんをフジテレビで復活させると
 いう事が決まり、プロデューサーさんが
 ご意見伺いに訪れた席でおっしゃったそうです。

 その何ヶ月か前、私はレポーターとして
 青島さん一家を訪ねるお仕事をしました。
 時の閣僚を怒鳴りつける参議院議員先生、
 「青島ダァー!」とおっしゃってても、まだまだ
 慣れない仕事でもあり、私はとても
 緊張していました・・・。

Aoshimasan9a

  しかし、ご本人にお会いするとその心配は
 すぐに吹っ飛びました。
 どこまでも自然体、溶接・美容師の免許を持ち、
 家族団らんが何よりも好き!
 私は3日ほどのロケを終えた時には、
 もうすっかり青島さんと御家族の
 大ファンになりました。

 青島さんも私の事を気に入って下さり、
 同じ中野区に住んでいたので
 「また遊びにいらっしゃいよ!」と
 笑顔でおっしゃって下さいました。

Aoshimasan29a

 三波が良いと言う発言に、
 スタッフの皆さんは驚いたと聞きます。
 無理もありません。
 今でこそ、三波豊和の役の多くは、
 とても元気! でも気が弱い、そして
 ちょっとおっちょこちょい・・・ みたいな印象に
 なっていますが、21歳で歌手デビューから後は、
 どちらかというと硬派の青春路線、
 ブレザーでカチッとしてるイメージで
 やってましたから・・・。

 「大丈夫、俺が保証するよ!!」
 その結果がこの記者会見です。

Aoshimasan24a_1

 その後撮影は絶好調!番組も絶好調!!
 「三波豊和って面白いネェ・・・」と
 皆さんに徐々に認めていただける事と
 なって行きました・・・・・。

 『意地悪ばあさん』は、役者三波豊和にとっては
 大きな大きな分岐点としての作品であり、
 青島さんは芸能人の私にとっては大恩人!
 そして、私人としても頭が上がりません。

 だって私の仲人さんなんですから・・・・・!!

Aoshimasan1a

 ごめんなさい、今日はここまで。
 まだまだ思い出がいっっぱいありまして・・・。
 続けて書かせていただきます。   

12月 21, 2006 意地悪ばあさん | | コメント (5) | トラックバック (0)