« お奉行様とお手合わせ! | トップページ | この女優さんは? »

2008/04/27

趣味悠々鉄道模型 2の5

 いよいよ、たたみ一畳分のレイアウト作り。
 大きさはそこそこでも、Nゲージだと豊富に
 色々表現出来ます。

Syumi21061a

 先に見せちゃいますと、最終的には
 こんな感じの物が出来上がります・・・!

 テキストと違い、手前の海の風景に
 こだわりました。
 ゴルフ場でもそうですが、水周りがあると
 一段と雰囲気が出ます。

Syumi22015a

 このバスタオル・・・。
 別に諸星さんがお風呂に入るのに
 忘れたのではありません。

 前回のA3サイズのレイアウトの時も
 そうでしたが、まず立体的になる物の
 イメージを、実際に対象物を置いて
 具現化します。

 このタオルを使うというアイデア、
 なかなかですよ・・・!

 模様をスケッチしているのは、
 ミスターおなかメタボ、諸星昭弘先生!

Syumi22022a

 ぐるっと周回のレールが2系統。
 発泡スチロールも段々と形になって来ました。
 とにかく合言葉は、『大胆』です!

Syumi22023a

 重なる発泡スチロールは、竹串でブスっと
 刺して固定します。
 この手応えが気持ち良い・・・。
 この先、楽しみです!!

 ところで、この回で取材しに行ったアメリカ人、
 アグニさんの所にあった外国の鉄道模型の雑誌。
 そこの特集がすごかった。

Aadq021a

 世界のロックスター、あのロッドスチュアート
 製作のレイアウトがこれです!!

 すごい、すごすぎる・・・・・・。
 噂によると、あちらこちらコンサートで
 廻っている時も、組み立て式のレイアウトを
 持ち歩き楽しんでいるとか・・・。

 趣味悠々パート3の時には、ぜひ番組のゲストに
 お呼びしたいと思っております!!?

4月 27, 2008 鉄道模型 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193944/41004727

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味悠々鉄道模型 2の5:

コメント

へぇ!ロッドスチュアートも鉄道模型人でしたか…!

投稿: のたろう | 2008/04/27 19:27:10

はじめまして。
 趣味悠々、毎回拝見させていただいています。

 ロッドスチュアートのレイアウトは噂には聞いていましたが、今回の写真を観てそのスケールの大きさに感動しました。
 パート3ではぜひ取り上げてください。

投稿: 光山市交通局 | 2008/04/27 23:05:51

ただし、そのギャラで番組のシリーズが
すべて飛ぶかもしれません・・・!?

投稿: Toyokazu | 2008/04/28 0:33:46

初めてコメントします!happy01
「まんねんさん」が、こんな高尚なお方だったとは(笑)
趣味悠々拝見しました!
先日スキーで怪我しちゃって出かけられないし、
ちょうど療養には、いいひと時です。
いとこのおじさんが鉄道模型好きで、
部屋一面に模型があったのを思い出しました。
某他局番組ですが、○○○倶楽部とコラボしらた、
更に盛り上がりそうじゃないですか?

投稿: motoko | 2008/04/28 2:20:51

ありがとうございます。
お体、お大事に!!

投稿: Toyokazu | 2008/04/28 15:08:44

三波さん、こんばんは。
去年よりおなかの厚みが
成長中!?の諸星です(笑)

もう・・・?という感じですが
今日で折り返し地点ですね〜。

緑色が多い山間の風景に
大きな海の「青」が映えるので
海沿いを線路がカーブしていく所は
ボクもお気に入りのスポットです。

アグニさんのレイアウト訪問へ
ご一緒したのを楽しく思い出しました。

投稿: 諸星昭弘 | 2008/04/28 23:51:36

確かに確かに・・・。
ロケの後の焼き鳥も美味しかった・・・!

投稿: Toyokazu | 2008/04/29 0:21:50

番組、いつも楽しみにしております。
いよいよ、定尺ベニヤサイズのモジュールの製作開始ですね。
バスタオルの使い方は、コロンブスの卵でした。

投稿: MRK | 2008/04/29 4:58:50

はい、ぜひ楽しみに!

投稿: Toyokazu | 2008/04/29 11:29:05

こんばんわ。昨夜の放送も拝見いたしました。初心者の私が言うのも何ですが「海」を再現したいのです。
私が今一番作ってみたい山と海の表現。昔の深い思い出がありまして、今製作中なんですが、、海の表現はどうやってすればよいでしょうか、、。神戸は須磨浦公園から見えるまさしく良いポイントなんですよね、、。

投稿: かんだちゃん。 | 2008/04/29 19:34:44

こんばんは。
先日はコメントを頂き、ありがとうございます。

趣味悠々での楽しそうな様子を拝見すると、
「自分にも作れるかもしれない!」と思い、
レイアウトに挑戦したくなってしまいました。
今年はNゲージなので、より身近に感じます。

これからも参考にさせていただきます。

投稿: rapid9921-9831 | 2008/04/29 21:58:32

ありがとうございます。
ご一緒にやりましょう!!

投稿: Toyokazu | 2008/04/30 0:07:56

三波さん、諸星さん(メタボ?失礼。)こんばんは。今週の放送、録画したんですけど、忙しくてまだ観ていません(ごめんなさい)。週末には観せてもらいます!
今週分の放送の記事をササッと見せてもらいましたが、「タオル」を使う「アイディア」は全くの「初耳」でした。
あのロッド・スチュアートさんが「鉄道模型人」というのもこれまた「初耳」でした!!「パート3」の放送が「実現」したら、ぜひ「ゲスト出演」してほしいと思います。
放送を観たら、また「コメント」を書きたいと思います。

投稿: 鉄さん | 2008/04/30 18:11:14

お待ちしています!!

投稿: Toyokazu | 2008/04/30 23:32:59

こんにちは!今回も楽しく拝見いたしました。畳一畳のレイアウトですが、まずプランが素晴らしいと思いました。このサイズですと、1本のレールをひねって、立体交差させようとしがちですね。そうすると勾配が問題になってきます。昨今の高性能の模型車両ですと、3%くらいは楽に登れると思うのですが、それでも出来るだけゆとりを持たせるため、カーブも緩めにしなければなりませんから、結局、ボード一杯に小判形のレールを敷く、という、似たようなプランになりがちです。
 ところが今回のプランは、上と下を分離して別の路線としているのですね。こうすれば、立体交差も無理なく表現でき、勾配がないので、運転もスムースです。しかも、市販の道床付きレールを使用しながら、微妙なカーブを取り入れるなどよりリアルな雰囲気、とにかくその割り切りに感心しました。
 テキストの見本と、今後、三波さんが製作されるレイアウトの風景の違い、やや斜めに配置したカーブの外側にできるスペースを、海にされるということで、楽しみにしております。個人的には伊豆の明るい海岸風景をイメージしているのですが・・・。大いに期待しております!

投稿: 一休 | 2008/05/01 13:28:04

ありがとうございます!!

投稿: Toyokazu | 2008/05/02 0:47:20

放送、今日見させてもらいました。
「たたみ一畳分のNゲージレイアウト」いよいよ制作開始ですね!
今回は三波さんと諸星さんとのやりとりが面白かったです。「バスタオル」が出てきた時には思わず笑ってしまいました。(失礼)
今回も下地に発泡スチロールを使うのですね。「A3サイズレイアウト」の時もそうであったように、「これが諸星さん流の(レイアウト造りの)やり方なのか」と感心しました。
レイアウトの一角に「海」を作るのは、いいアイデアと思います。
「すばらしき鉄道模型人」のコーナーで出演された、アメリカ人のアグニさんのレイアウト、あまりにすごすぎて感動しました。
次回も楽しみにしています。


投稿: 鉄さん | 2008/05/02 20:53:36

よろしくデス!

投稿: Toyokazu | 2008/05/03 0:49:28

コメントを書く





絵文字を挿入