« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

今年もお世話になりました!!

 この秋ココログさんに入れていただいて、
 自分のホームページに加えてこのような
 ブログという世界が一段と広がり、とても
 嬉しく思っています。

 あちらこちら、検索で皆さんの所に
 お邪魔しているのも、すべて私本人です・・・!

 話題が、思い出が共有できる
 楽しい場所になるようがんばります。
 来年も引き続き、どうぞこのブログに
 遊びに来て下さいね!

 色々なご意見もお待ちしていますので・・・。

 それでは皆様、良いお年を!!!

Aabp023a

  

12月 31, 2006 日記 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/12/29

命の塩 『ぬちマース』

 今回のおもいッきりテレビ『こだわりの逸品』は
 沖縄の天然塩、しかも世界的な商品でした。

Aack013az

 『ぬち』とは沖縄の言葉で命、『マース』は
 塩という意味です。

 人間は、水の次に塩が無ければ生きて
 いけません。
 古代ローマでは、兵士にお金の代わりに
 塩を配ったとか。現在のサラリーというのは
 その時の塩という言葉が残ったものらしい・・・。

 そんなに大事な塩なのに、今では健康を害する
 【敵役】以外のなにものでもありません・・・。
 しかしこのぬちマースには、塩分を体の中から
 排出するカリウムがたっぷり。

Aack005az

 その他カルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛・
 マンガン・銅・クロム・ヨウ素など海水そのままの
 豊富なミネラル群は、あのギネスも認める所!
 現在は21種類にもなるそうです。

Aack001az

 がんばる社長は高安正勝さん、
 国立の琉球大学、理工学部物理学科卒。
 ご自分でも、ビジネスマンというより学者に
 近いとおっしゃる。

 今はイオン式交換膜製塩法・塩田法・岩塩・
 再生製塩法・煮釜式製塩法などが主流。
 しかし、Nacl は取れてもミネラルは・・・・・。

 それに対して、高安さんのやり方は
 『常温瞬間空中結晶製塩法』。

Aack011az

 社長との写真の場所、離島の浜比嘉島から
 きれ~いな海水を汲み、この装置から
 霧状にして噴出させる。

Aack007az

 すると部屋は白銀の世界!
 そこに出来た物は、そのまま水に溶かすと
 再び海水になる、という程ミネラルたっぷりの
 自然の塩が抽出出来る訳です。

 このやり方、世界初!
 物理学科卒の面目躍如!!

 もちろんこれだけ自然に由来する物、
 体に良いものが美味しくない訳がありません。

Aacl001az

 そこで訪ねたのが、ご存知京都の
 吉兆嵐山本店さん。

 私、こちらは初めて、嬉しい!!!

Aacl004az

 京都吉兆の社長、徳岡孝二さん。
 そう簡単にはテレビ出演しない方が
 私を笑顔で迎えて下さっている・・・。
 これだけで、ぬちマースへの入れ込み具合が
 分かります。

 天下の吉兆さん、どんなお料理が出てくるかと
 思ったら、まずはこれ!

Aacl007az

 きゅうり・・・・・・。

 二日間、普通の塩とぬちマースで
 漬けたものとが出て来ました。

 「まずはどうぞ。」
 私も一応、グルメレポーターとして
 お邪魔している訳ですから、これは何とか
 食べ分けなくては・・・・・。

 と意気込まなくても大丈夫でした。
 一目瞭然、ぬちマースで漬けた方は
 色も形も、そして味もパリッとしていて
 本当においしい。
 これもミネラルの為せる技、
 シンプルだからこそ分かる良さ・・・。

 「たぶんこれから先、これ以上の塩は出て来んと
 思います。私の最終の巡り合わせですわ。」
 ぬちマースは、京都の歴史をも味方につけて
 しまいました・・・。

Aacl008az

 現在は生産が間に合わず、残念ながら
 3・4ヶ月待ちの状態・・・。
 でも来年春には新しい施設も完成、
 よりたくさんの方にお届け出来る予定。

 【塩はやっぱり体に必要な物】
 大手を振って言える『ぬちマース』を、
 私も応援します!! 

12月 29, 2006 グルメ情報 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/26

私と青島幸男おばあちゃん 最終章

Ijiwaru001

 ちょっと内緒ですが・・・、
 実はおばあちゃんは、あんまり台本を
 読んで来なかったりするんです・・・。

 意地悪ばあさんは撮影する事が
 たぁ~くさんある事と、新鮮さを大事に
 するので、まず場所や段取りを決める
 ドライリハーサル、そして本番さながらの
 カメラリハーサル、そして本番の3回しか
 やりません。

Aoshimasan30a

 そんな中、おばあちゃんは一人だけ
 カメリハでも台本を見てやってたり
 するんです・・・。
 ところがところが、私どれくらい青島さんとの
 シーンを撮影したか分かりませんが、
 ポンポンと素早いセリフの応酬の中でも、
 NGを出した所をまず見た事がありません!

 いやそれどころか、その辺の役者さん顔負けの、
 素晴らしい間と表現力で、あの波多野たつを
 正に生き生きと演じるのです!!

 もっとも、製作・監督・主演の映画で
 あのカンヌ映画祭に入選しちゃうような
 方でもある訳ですから・・・。

 万年、ただただ脱帽・・・・・。 

Aoshimasan12a   

 普通才気溢れる方は、触れると怪我をする
 鋭い刃物みたいな方が多い中で、青島さんは
 全然違います。

 実に自然体・・・・・。
 その優しさ・暖かさに、お会いした人は
 み~んなファンになっちゃう。
 意地悪が痛快に見えるのも、
 正に青島さんそのままだからです。

Iji9a

 これは私、夢の中でおばあちゃんになった
 シーンの扮装です。

 意地悪ばあさんでは、夢の中の
 シーンが沢山たくさん出て来ました。
 因みに万年さんも、その時は良くもてました!

 おばあちゃんも三途の川を渡る時は
 鬼がしてやられ、閻魔様も舌を抜くどころか
 舌を巻く堂々たる態度。
 またこの世に追い返される事が何遍も・・・!

 青島さんもきっと今頃、天国の天使と
 地獄の鬼とも一緒になって、楽しく
 酒の席で盛り上がっているような・・・・・。

 おばあちゃん、またみぃ~~んなを
 ファンにしちゃって下さい!!

Iji7a

12月 26, 2006 意地悪ばあさん | | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/12/25

メリークリスマス!!

Aaci004z

 えー、あんまり綺麗だったので・・・・・。

 ディズニーランドのお隣り、
 千葉は舞浜のイクスピアリにある
 ディズニーストアーさんです。

12月 25, 2006 日記 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

私と青島幸男おばあちゃん その2

 撮影ははじめから絶好調、レギュラー陣も
 本当に家族・町内会かと思わせるほど、
 おばあちゃんを中心に息もピッタリ!

Aoshimasan23a

 そしていよいよ『意地悪ばあさん』の放送が
 始まる前、プロデューサーさんが「ビデオリサーチ・
 ニールセン、視聴率が2つとも30%を超したら、
 この番組もドーンとハワイロケですかねぇ!」
 なんて話してました・・・。

Ijiwarua

 ところが・・・、いざ始まってみると、
 両方共あっさりと30%を超す快進撃!
 結局ハワイはもちろん、オーストラリア・
 沖縄・福岡・長野、北海道は毎年と、
 現在のドラマ製作事情では考えられない
 結果となりました。

Ijiwaru_05
Iji2a

 番組の節目のパーティーにおいては、
 いつも私が司会、イッセーさんが一人芝居の
 新作を披露する流れ・・・。(因みに彼は、
 この番組撮影時に文部大臣賞を受賞)

 特に青島さんが直木賞を受賞した時は
 大盛り上がり!
 お開きには、おばあちゃんがそこに居た約70人
 全員に、男女を問わずほっぺにチューッッ!!

Aoshimasan8a

 次の朝、おばあちゃんは私に会うなり
 開口一番「万年さん、どうも唇が腫れて
 ヒリヒリするんだけど、どうしたのかなぁ~」。

 早速前夜の報告をいたしますと、
 「なんだよ、お前にもチューしたの!?
 そりゃー大失敗!!」と
 嘆いていらっしゃいました・・・。

                     (つづく)

Aoshimasan25a

12月 24, 2006 意地悪ばあさん | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/12/21

私と青島幸男おばあちゃん

 昨日は沖縄で、27日放送のおもいッきり
 テレビのロケをしていました。
 素晴らしい塩を作っておられる高安さんという
 社長さんの取材です。

 このご報告はまたいたしますが、
 社長が沖縄には何回も来てるのかと
 言われるので、レポート番組では離島も含め
 たくさん来ている。
 しかし、ドラマでは意地悪ばあさんのロケが
 とても印象に残っています! とお答えしました。

Aoshimasan19a

 そしてその5分も経たないうちに、会社から
 携帯に一通のメールが入って来ました。

 「青島幸男さんが亡くなりました」

 おばあちゃんが最後に教えて
 下さったんでしょうか・・・・・。

 考えると、私は青島さんを『青島さん』と
 呼ばせていただいたのは数えるほどです。
 『おばあちゃん!』
 青島さんが意地悪ばあさんのかっこを
 なさっている時はもちろん、普通にセーターを
 着ている時も、ネクタイをしめてる時も、
 都知事に当選したお祝いの時も、
 「おばあちゃん、おめでとうございます!」 でした。
 これは番組のレギュラー・スタッフ陣すべてです。

Aoshimasan18a

 「その万年の役、三波豊和くんが良いよ!」
 青島さんは、かつて日本TVで演じた
 意地悪ばあさんをフジテレビで復活させると
 いう事が決まり、プロデューサーさんが
 ご意見伺いに訪れた席でおっしゃったそうです。

 その何ヶ月か前、私はレポーターとして
 青島さん一家を訪ねるお仕事をしました。
 時の閣僚を怒鳴りつける参議院議員先生、
 「青島ダァー!」とおっしゃってても、まだまだ
 慣れない仕事でもあり、私はとても
 緊張していました・・・。

Aoshimasan9a

  しかし、ご本人にお会いするとその心配は
 すぐに吹っ飛びました。
 どこまでも自然体、溶接・美容師の免許を持ち、
 家族団らんが何よりも好き!
 私は3日ほどのロケを終えた時には、
 もうすっかり青島さんと御家族の
 大ファンになりました。

 青島さんも私の事を気に入って下さり、
 同じ中野区に住んでいたので
 「また遊びにいらっしゃいよ!」と
 笑顔でおっしゃって下さいました。

Aoshimasan29a

 三波が良いと言う発言に、
 スタッフの皆さんは驚いたと聞きます。
 無理もありません。
 今でこそ、三波豊和の役の多くは、
 とても元気! でも気が弱い、そして
 ちょっとおっちょこちょい・・・ みたいな印象に
 なっていますが、21歳で歌手デビューから後は、
 どちらかというと硬派の青春路線、
 ブレザーでカチッとしてるイメージで
 やってましたから・・・。

 「大丈夫、俺が保証するよ!!」
 その結果がこの記者会見です。

Aoshimasan24a_1

 その後撮影は絶好調!番組も絶好調!!
 「三波豊和って面白いネェ・・・」と
 皆さんに徐々に認めていただける事と
 なって行きました・・・・・。

 『意地悪ばあさん』は、役者三波豊和にとっては
 大きな大きな分岐点としての作品であり、
 青島さんは芸能人の私にとっては大恩人!
 そして、私人としても頭が上がりません。

 だって私の仲人さんなんですから・・・・・!!

Aoshimasan1a

 ごめんなさい、今日はここまで。
 まだまだ思い出がいっっぱいありまして・・・。
 続けて書かせていただきます。   

12月 21, 2006 意地悪ばあさん | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/12/17

超豪華!『日本巖窟王』

 NHKさんでは、大河ドラマのほかに違う曜日に
 味付けの異なる時代劇を放送しています。

 今は高橋英樹さん主演の金曜時代劇ですが、
 1979年は水曜日の枠で『日本巖窟王』が
 放送されました。
 題名からも分かる通り、あのアレクサンドル・デュマの
 『モンテクリスト伯』を下敷きに舞台を家光の時代に移し、
 小野田 勇先生の脚色、『さよならをするために』の
 坂田晃一先生の音楽、正に痛快中の
 痛快大型娯楽時代劇でした!

 ここ何年か他チャンネルでも再放送されたようなので、
 本放送と共にご覧になった方も多いと思います。

Gan11a

 主演は天下の二枚目草刈正雄さん、その時27歳!
 初めてお会いした時は、男の私でもドキッとしました・・・。

 そして私の役は、草刈さんの仇討ちを助ける琉球の王子、
 尚竜王、正真正銘の二の線です!
 共に手を貸すのは、三林京子さん扮する真美(まび)姫。
 みんなお若い!!

Gan4a

 しかし題名にもある通り、合計23回のこのドラマに
 ご出演は、内藤武敏・河内桃子・有川 博・水谷良重
 多々良純・東野英心・片桐夕子・結城しのぶ・山本みどり
 寺田 農・蟹江敬三・汐路 章・浅利香津代・綿引 洪(勝彦)
 志垣太郎・片平なぎさ・宮下順子・永島暎子・安部 徹
 西村 晃・浜田光夫・玉川伊佐男・林 与一・沢 竜二
 伊藤雄之助・沢村貞子・浜木綿子・三木のり平という方々!!

 普通演出の方は、若い役者などには「そこはこうして」
 と演技指導もするわけですが、このメンバーならば
 そんな必要は一切無し!
  リハーサル室で立ち稽古を拝見してると、
 台本のセリフが次々と、そして生き生きと
 具現化されて行くんです。

 きっとこの時代の人は、この状況では
 こういう風に考え、こういう風に動くん
 だろうなぁ~、と。

 演出陣は俳優・女優の持ち味を最大限に
 引き出し、きちんと整理をする作業。
 素晴らしい演奏家を指揮する素敵な
 コンダクター、といった雰囲気でしょうか・・・。

Gan12a

 しかししかし本格的な大型ドラマは初めての私、
 こんな所に出させていただいたのに、まだまだ
 若造でした・・・。
 長年出ていた舞台のくせが取れず大変未熟、
 反省と共に残念無念・・・・・。

 ただ、こんなに大御所が大挙出演していたのに
 中の雰囲気はとっても良く、ハードな撮影の合い間に
 出演者・スタッフ揃って野球大会などもやったんです!

Gan16a

 その時、グランドの隣りにテニスコートがあったので
 テニス大会も急遽開催。

Gan17a

 私、中学高校と軟式、大学に入ってからは
 硬式をやっていたので、草刈さんにちょっと御伝授。
 隣りは奥様役の山本みどりさん(22)、可愛い!

 スポーツ万能の草刈さんは、この時
 初めてにも関わらず、ラリーもばっちり、
 実はこの後テニス大好きになられました。

Gan15a

 これは、もうすっかり腕を上げた草刈さんと
 神宮テニスクラブで。
 このおヒゲは、角川映画『復活の日』のための物ですね。

 久々に『御宿かわせみ』でご一緒した時には
 私にビデオコメントを下さいました。

 草刈さんとの思い出も含め書かせていただきましたが、
 この後、俳優三波は一連の時代劇へと進んで行く
 訳ですから、正にエポックメイキングとなった
 貴重な作品です。

 草刈さんはじめお世話になりましたすべての皆様、
 特にご迷惑を掛けましたスタッフの方々・・・、
 ありがとうございました!! 

12月 17, 2006 懐かしの番組 | | コメント (30) | トラックバック (1)

2006/12/11

ゴルフネットワーク10周年!

Aaci030a

 スターゴルフマッチを放送して下さっている
 ゴルフネットワークさん。
 今年開局10周年を迎え、本日記念の
 パーティーが盛大に行われました。

 10年のうち我スターゴルフマッチは
 すでに6年間の放送。
 会場いっぱいに映し出される歴史を綴る
 映像を見ながら、番組を始める時の事を
 色々思い出していました。

 今まで出演して下さったスターの皆様、
 番組を根底から支えてくれているスタッフ、
 そしてそして、全面的にバックアップをして
 下さっているヨネックスさん、
 本当に感謝感謝です!

Aaci031a

 で・・・、 会場のアトラクションとして
 特別参加されていた、あの名コーチ、
 現在佐藤信人プロ、米山 剛プロ、
 加瀬秀樹プロ、川岸良兼プロ、
 宮瀬博文プロなどを見ていらっしゃる
 井上 透さんに、パーティー終了後
 こっそりご好意で診ていただきました!

 結論から言うと80点!と誉めていただき
 ましたが、肝になる部分もしっかりと・・・。

 今後番組で、変身なった三波を
 見ていただけるでしょうか・・・。
 井上コーチ、貴重な助言をいただき、
 本当にありがとうございました!! 

 ++++++++++++++  

 追伸・・・・・!

 今、井上さんのブログを見たら私の事を
 書いて下さっていました!!!

 またまた大感激!
 絶対に教えを守ってがんばるゾォ~~!!

12月 11, 2006 スターゴルフマッチ | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/12/08

趣味悠々 鉄道模型 

 NHKの教育テレビで好評の『趣味悠々』、
 来年2月からの放送分の撮影に入りました。

 テーマは『鉄道模型』、男の子なら一度は
 あこがれた趣味ですね。

Aaci025a

 実は私、中学・高校ぐらいにHOゲージを
 集めていました。
 蒸気機関車から電気機関車、列車・貨物車・
 新幹線、そこそこ持ってました。
 また、レイアウトこそ作りませんでしたが、
 色々レールをつないで遊んでましたね。 

Aaci027a

 確かに、昔はどのデパートにもレイアウトが
 作ってあり、鉄道模型が力強く走っていました。
 そして悪ガキが周りを囲み、いつまでも
 その動きを目で追っていました・・・。

 今回は基本の基本からお勉強、
 あらためて鉄道模型の魅力を探ります。

Aaci021a

 先生は、本業がイラストレーターの諸星昭弘さん
 鉄道模型に関しては、お客さんから
 レイアウトを組む事を頼まれるほど
 精通しているプロの方。

Aaci010a

 8回連続、果ては写真のような風景を
 自分で作れるようになる予定・・・。

 詳しい放送時間はまたお知らせしますので
 是非ぜひご覧下さい!!

Aaci015a

12月 8, 2006 鉄道模型 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/12/04

ヨネックスシニアオープン沖縄

 さて、水族館からの帰りは結構混んでいて
 ホテルに帰ったらすぐに前夜祭。

 出場のシニア選手はもちろん、この催しを
 支えるたくさんの地元の方が参加して
 大変豪華!

 高橋勝成・鷹巣南雄・前田新作・新井規矩雄・
 須貝 昇・上原宏一・中村 通・山本善隆・小林富士夫
 三好 隆・中山 徹・青山 薫 ほかそうそうたる方々、
 皆さん笑顔笑顔・・・・!

Aacf008a

 千葉テレビのレディスゴルフでもお馴染み、
 牧野 裕プロもいらした。
 ’56年の早生まれなので私とは同級。
 でも、この元祖イケメンプロがすでにシニアとは
 時の流れを感じます・・・。

 因みに倉本昌弘・森口祐子プロも歳が一緒、
 みんなガンバレ!!

Aacf006a

 このパーティーでは、ミス沖縄が最後までずっと
 モデル立ちで花を添えて下さってました。
 ご苦労様でした・・・。

Aacf014a

 さていよいよプロアマ当日、東京はセーターを
 着る程だというのに、半袖でもうっすらと汗を
 かくぐらい。
 やはりゴルフは半袖でのスポーツです!

Sinia1

 我チームはアウトのトップスタート。
 ご一緒は昨年優勝の豪打者、福沢孝秋プロ、
 左はヨネックス常務、ゴルフ担当の黒子 武さん、
 そして私の愛読誌、ゴルフダイジェスト社専務の
 中村信隆さん!

 楽しい中にも適度な緊張感、着々とバーディーを
 重ねて行きます。

 そして・・・、楽しいラウンドはあっという間に終了、
 結果は10アンダー、12位という結果でした。

 因みに次の日からの本戦を制したのは
 2002年ヨーロッパシニアの賞金王、
 海老原清治プロ。

Aaas020a

 プロとは昨年のアデランスシニアで
 ご一緒しました。
 我孫子出身、さすがのショットの切れ味、
 その日は本当に圧倒されました・・・。

 今回も出場選手中ただ一人2日とも60台、
 8アンダーでの優勝はやっぱりさすがです!

 (本戦レポートはこちら

Aacf049a

 日本オープンはじめ通算19勝、
 ヨネックス専属杉本英世プロのご挨拶も
 華やかに表彰式も幕、
 来年も沖縄の大自然よ、私のプレイを
 待ってておくれ!!  

          (ナンチャッテ・・・)

12月 4, 2006 スポーツ | | コメント (1) | トラックバック (0)