« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/26

第8回 豊友メディアカップ 開催!

370x

 私が主宰しております企業情報サイト、
 『 日本が元気です 』 。
 1999年より8年目、間もなく500社のお客様、
 本当に嬉しい事です!

 このホームページにご参加いただいている皆様に
 お集まりいただき、今年もゴルフコンペを開きました。

 会場は、栃木県の桃里カントリー倶楽部。
 先日『スターゴルフマッチ』でもお世話になった所です。

00072.jpg

 ゲストの岡崎友紀・ガッツ石松・岸田敏志・笑福亭笑瓶・
 辻沢杏子・土屋陽子プロ・寺泉 憲・中嶋 悟・森末慎二・
 山崎礼奈プロ・渡辺めぐみと言った方々(五十音順)が
 お1人ずつ、すべての組に入る趣向!!

00073.jpg

00074.jpg

00075.jpg

00076.jpg

 楽しいゴルフの後は、同じくサイトの長いお客様、
 『肉のふきあげ』 さんで楽しい表彰式。
 『前日光牛』を使ったおいしいステーキが最高です!

00077.jpg

 ゲストからは、普段お聞き出来ない
 とっておきのお話が目白押し!

 更に岡崎友紀さん、岸田敏志さんのお歌と、
 実に贅沢なひと時・・・・・。

00078.jpg

 成績発表も、70台の方が10人ほど、
 ブービーメーカー(いわゆるビリ・・・)の方でも
 グロス105というレベルの高さ・・・!

 ヨネックスショップジャパンキャプテンサンタ
 横浜萬珍樓ましこ倶楽部ほか、日頃お世話になっている
 皆様からもたくさん御協賛をいただきました。 

 本当にありがとうございます!!!

00079.jpg

 じゃんけん大会で盛り上がり、最後は
 ガッツ石松さんによる手締めでおひらき!

 楽しい楽しいコンペでした。 
 来年もお待ちしております!!

 
 ≪ 上記以外の御協賛の皆様 ≫ (順不同 敬称略)

 ガッツ石松 寺泉 憲 土屋陽子 山崎礼奈
 ベルインギャランティー 浅草木村屋 高尾工業
 横浜レンタル  コンブリオ 細田商会 肉のふきあげ
 太田商店 釈迦尊寺 イケダ しゃくなげ荘 OS工業  

 お世話になりました!!

10月 26, 2006 日本元気レポート | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

がんばれひんべぇ!! 安西正弘くん

00113.jpg

 私の出演したテレビの中で、今一番よく
 若い人に言われるのがやはり、
 『 お~い!はに丸 』 です!!

 昭和58年から6年間NHKの教育TVで
 放送したこの番組は、応援してくれる
 全国のちびっ子のために、とにかく楽しく
 そして、必死に作りました・・・。

 主役のはに丸クンに忠実な家来の馬、
 ひんべぇクンの声をやっていたのが
 安西正弘君。

 実はここの所、残念ながら糖尿病で目を、
 そして片足を失うまでに・・・!

00114.jpg

 何とかそんな彼を励まそうと、はに丸の声を
 あてていた田中真弓ちゃん、出身の劇団、
 テアトルエコーの同期ですが、他の仲間も
 協力して10年ぶりのステージを開く事と
 なりました・・・!

00115.jpg

 島田 敏さんを中心に同じ劇団出身の
 ラサール石井さん、重田千穂子さんなども
 司会・コントなどに大活躍!

 もちろんエコー主宰の熊倉一雄さん
 (懐かしいケペル先生!)もVTRでご出演。

 皆さんの素晴らしい献身ぶりに、
 思わずジ~~ン・・・・・。

00116.jpg

 安西君も得意のミュージカルナンバーの他
 仲間が作ってくれたオリジナル曲、
 『糖尿だよ!おっ母さん』 も激唱! 
 盛んに拍手を浴びていました。

00117.jpg

 終わってCDにサイン会ならぬ拇印を押す
 即売会が。
 因みに、購買中の背中は水島 裕くん。

 ぜひこれからも障害に負けず頑張って欲しいです。
 彼が演じるキャラクターは最高ですもの!!

 詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。

 そしてそして、皆さんからのリクエストも多いので、
 安西君のためにも 『 お~い!はに丸 』 の裏話を
 これから色々書かせてもらいますネ!!

10月 22, 2006 交遊録 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/15

今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』 出演の皆さん 2

 山村役、本郷功次郎さんには本当に
 色々な事を教えていただきました。
 女性が大挙出演の所、待ち時間に
 男二人・・・という感じでしたので。

 さすが大映黄金時代を引っ張った方、
 山村さんそのままに、素敵なお話を
 たくさん聞かせていただきました。

 我兄貴の身を破滅させた東京から来た
 ホステス、ヒサミを演じたのが片桐夕子さん。

 あの日活の片桐さんが今、目の前に
 いらっしゃる・・・・・。
 まだ24歳の私、本当に緊張しました!!

nuka2-a.jpg

 そして、その緊張感をあおったのが、
 片桐さんと組む悪徳支配人を演じる
 平泉 成さん。 若い!!

 その時はまだ、平泉 征と名乗って
 いらっしゃいましたが、本当に恐しく、
 迫力がありました・・・!
 最近は京都やゴルフ場で良くお会いしますが、
 お話の楽しい素敵なおじ様です。

 もう・・、伊東美咲ちゃんのお父さんなんか
 やっちゃって・・・。

 今やカラオケにテーマソングが入ってます、
 石川さゆりちゃん。

 主題歌を歌った彼女、花登先生の
 洒落でワンシーン出演となった次第。

 設定はなんと私の彼女!
 正和が海産物を扱っているので、そこから
 歌手志望の彼女の芸名を “さより” と付けた、
 なんていう味付けもされてます・・・。

00109.jpg

 さて、前回の制作発表の時の別バージョンが
 ありました。 

 私の隣り、真木洋子さんが写ってらっしゃる。
 NHKの朝ドラ、藍より青くのヒロインは、
 メトロ時代の準子さんの最大のライバル、
 アケミを好演されました。
 喧嘩のシーンなどすごい迫力でした!

 そのアケミに睨みを利かせる水野久美さん、
 おねえしゃんと共に戦う正司照枝さん。
 その自然なセリフ廻し、ベテランの味に
 感服していました・・・・・。

00110.jpg

 さて今再放送を見ると、24の私は
 やはり演技に余裕がないですねぇ。
 博多弁もあまり正確ではなく、
 本当に恥ずかしい限りです・・・。

 しかし、私にとっては大事な歴史。

 『 飽きずにやるから商い 』
 『 はたを楽にするから働く 』・・・、
 花登ワールドの楽しさと共に、
 まだ青い三波豊和を、
 よろしくお願いいたしますばってん!!

10月 15, 2006 ぬかるみの女 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/10

今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』 出演の皆さん

  まずはなんと言っても私のおねぇしゃん、
 星 由里子さん。
 とっても気高く美しく、本当に素敵でした。

 撮影最中も手の掛かる弟、ちょっと慣れない
 博多弁の弟、すっかり面倒・お手数を
 お掛けしました・・・!

 臼間香世・高橋牧子御両人は、実に忠実な
 トミさん、美々さんを演じてくれました。
 臼間さんは今も舞台を中心に活躍、
 牧ちゃんはこれがご縁で東海TVの方と結婚、
 今は日舞の先生とか・・・。

00106.jpg

 ある意味一番印象に残る女性は緑川久子さん、
 いや、金歯の婆さん、緑獅子!!
 金歯がうずく森 明子さんは正に怪演でした。
 ご本人はいたってデリケートな方ですよ・・・。

 メトロの黒川支配人、石井均さん。
 均さんは昭和30年代には喜劇団を結成、
 伊東四朗さんや財津一郎さんが在籍していた
 そうです。  見たかったなぁ~。
 大阪時代はあの西川きよしさんがお弟子さん。

 で、私この黒川支配人のお嬢さんと結婚しました。
 水江さんこと、先生が主宰していた 『劇団喜劇』 の
 女優、京 まいこさん。

00107.jpg

 前で挨拶して下さっているのが、坂井総支配人こと
 大石吾朗さん。
 なんてったって 『コッキーポップ』 『やんぐ720』ですよ!
 (解る方は懐かしい・・・・・・)

 あっ、京さんは今は私を捨てて(!?)島根県は出雲で
 ご主人と天麩羅屋さん 『加せべ』 をやって
 いらっしゃいます。
 お世辞抜きで本当に本当においしいです。

 美人女将を見に行ってあげて下さい!!

00108.jpg

 子役のみんなとは楽しかったですよ。
 ドラマそのままになついてくれて・・・。

 正の斉藤君、務の矢口君、2人とも
 付き添いのお母さんとお顔がとっても似てて、
 男の子は母親に似るんだなぁ、と
 改めて認識した次第・・・。

 そして、博子役の嶺川貴子ちゃん!
 ミス原宿の後、歌手ですか・・・・!!
 がんばったなぁ~。
 大人の博子ちゃんに是非ぜひ
 会いたいですネェ!!!

 わぁ~~、もうこんなに長くなっちゃった。
 スミマセン、あと一回特集やらせて下さい・・・・・。

10月 10, 2006 ぬかるみの女 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/10/07

今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』 その3

 星 由里子さん扮する文子さんと結婚した私の兄
 (小林勝彦さん)は、毎日とんでもないテイタラク。
 女は作る、会社は倒産させる・・・!

 ついに福岡の家を捨て、二男一女の子供を連れて
 ひとりの母親として生きて行く決心をします。
 悲しい別れ・・・・・・。

00104.jpg

  古くから知っている大阪の会社社長、桐山
 (三橋達也さん) にお金も含め相談しようとすると、
 自分で働いて育てろ、昼間の仕事じゃ稼げない、
 ダンサーになれ!! と・・・。

 ダンサーといっても、シャル・ウィー・ダンス?の
 ダンサーではありません。
 いわゆるホステスさん・・・。

 旦那を寝取った女と同じ職業に就け! と
 桐山は冷たく言うのでありましたぁ・・・。

nu12.jpg

  ( 当時のフジテレビの新聞広告より )

 それからは、もう大変大変!!
 ドロドロした女の戦いに巻き込まれながらも、
 たくましく生きて行く源氏名、準子さん!

 義理の弟、私正和は心配で心配で、
 あげくにはお義姉さんの働いているメトロ
 ( 地下鉄ではなく、マンモスキャバレーの事 )
 の黒服になり、影に日向にお義姉さんの手助けをし、
 またそれと同じくらいドジもやったりします・・・。

 しかし、準子姉さんはついに自分のお店を
 持つまでとなり、そのオープンのお祝いの席で、
 前出の桐山こと三橋達也さんは、
 「 あの時はさぞかし、私を恨んだろう・・・。
 しかし、仏心を出して菓子屋の一つも与えたら、
 あなたはすぐに潰すほどの甘ちゃんだった。
 だが今、しっかりと自分の努力でこの成功を掴んだ。
 文ちゃん、いやマダム準子、おめでとう!!」 と、
 最高の祝福をしてくれるのでありました。

 このシーン、このセリフは、
 それまでのストーリーや長い撮影の思い出が
 色々蘇えり、お店の端に出ていた私は
 本当に泣けました・・・・・・・・。

00105.jpg

 さて、このお話はある方の半生が
 ベースになっています。
 これは放送直前、そのモデルになった
 銀座のママさんのお店で製作発表を
 行った時の写真です。

 左から2番目の方が、クラブ 「ジュン」 の
 オーナーママ、塚本純子さん、当時57歳。
 (残念ながらすでに故人)

 花登先生はこの方の生き様に感銘を受け、
 ご自分流の味付けをして世に送ったわけです。

 さてこのドラマ、共演の方と言うと・・・・。

 続かせて下さい!

10月 7, 2006 ぬかるみの女 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/10/03

今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』   その2

 さて、何故今回この様なタイトルを付けたのか・・・。

 この番組は昭和50年に190本、翌51年には83本、
 計273本が放送されました。

00100.jpg

 時間帯はフジTV系列の13時半から14時。
 名古屋の東海テレビ制作の老舗ドラマ枠。
 愛の嵐・華の嵐・はるちゃん・真珠夫人・牡丹と薔薇
 など話題作を数多く輩出しています。

 そして 『 ぬかるみの女 』 の放送前、花登先生は
 志垣太郎さんの 『 あかんたれ 』、片平なぎささんの
 『 じょっぱり 』 と次々にヒットを連発!

 前回書いた様に、『 ぬかるみの女 』 は正に
 満を持して!の登場となった訳です。

 先に言いますと、お蔭様で 『 ぬかるみの女 』 も
 多くの方に支持され、続編まで制作されるほどと
 なりました!!

00101.jpg

 そしてそして、この作品はその後本当にたくさん
 再放送をされました。
 いや、25年経った今も全国どこかで必ず
 再放送をしていただいております。

 ネットを見ると花登作品と韓流ドラマを並び称する
 方も多く、共にドロドロした人間関係、三歩進んで
 二歩下がるストーリー展開にいわゆる
 「はまるぅ~~!!」という事になるようです。

 私も、先生のテレビは昔から見てました。
 映画にもなった大村 崑さんの
 『番頭はんと丁稚どん』

00102.jpg

 西郷輝彦さんの 『 どてらい男(やつ) 』
 新珠三千代さんの 『細うで繁盛記 』
 (冨士眞奈美さんの「加代(くぁ~よ)!」の
  セリフが忘れられないです・・・)
 などたくさんたくさん。

 因みに、番頭はん・・・よりもさらに古い
 先生の出世作 『やりくりアパート』 は、
 視聴率50%をたたき出すお化け番組に。
 さらに崑さん・佐々十郎さんが放った
 ダイハツミゼットのコマーシャルも大はやり!!

 先生をはじめ皆さんスポンサーさんに呼ばれたので、
 これはお褒めのお言葉! と意気揚々と
 会社を訪れると、
 「花登さん、視聴率50%ということはまだ
 世の中の半分の人しか見てないと言うことですよ。
 もうちょっとがんばってくれないと!!」
 とお叱りをいただいた・・・、と、
 懐かしそうに話される先生の笑顔が思い出されます。
 

00103.jpg

 さて・・・、上の貴重な2枚のお写真は、
 今おもいッきりテレビでご一緒の
 大村 崑さんにお借りしました。

 懐かしい~~!!

 崑さんは芝居がはねた(終わった)あとの
 お疲れの時でも、親父のビリヤードのお相手を
 何度もして下さった恩人であります。

 ありがとうございました!!

 そして・・・・・、
 『 ぬかるみの女 』 のお話は続きます。

10月 3, 2006 ぬかるみの女 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/01

今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』

00096.jpg

 このお写真、ご存知の方はお分かりですね?
 そう、まだ博多時代の文子姉さんと一緒の
 井関正和くんです!!

 私は小学校4年で初舞台をふみました。
 その後も親父の歌舞伎座の公演で、
 数々の先生方、先輩の俳優・女優の皆様と
 貴重なお仕事をさせていただきました。

 そして私が中学に入った時位に、この公演の
 お芝居を花登 筐先生が書かれるようになりました。

 ただ・・・、稽古場の先生は常に眉間にシワを寄せ、
 話される声もボソボソボソ・・・。 
 まだ青年と子供の間の私は、とっても恐~い先生に
 見えました・・・・・。

 しかししかし、実はとっても心優しく、楽しい事が
 だ~い好き!
 まぁ、あれだけの喜劇を書かれるのですから、
 当たり前と言えば当たり前ですが・・・。

 涙と笑い、お客様が喜んで下さるようサービス精神
 テンコ盛りの楽しい物を作って行く!!
 という所で、先生と親父はすっかり意気投合。

 次々と素晴らしい作品が出来上がって行きました。

00097.jpg

 ( これは私が中学3年の時、先生の書き下ろしで
  徳川吉宗の御落胤、天一坊を。
  ご一緒は、日舞の師匠でもある藤間 紫先生 )

 私がその後 『 意地悪ばあさん 』 や 『 水戸黄門 』
 などで三の線を演じる事が出来たのは、実はこの時
 花登先生に徹底的に仕込まれたお蔭です!

 その後、星 由里子さんと結婚なさった花登先生は
 昭和54年、満を持して奥様主演の連続ドラマを
 世に送る事となりました。

00098.jpg

 これは 『 ぬかるみの女 』 の顔合わせ、
 花登先生を囲む出演者の方々です。

 ただ先生をはじめ大友柳太郎・信 欣三・
 一の宮あつ子・小林勝彦といった皆さんも
 すべて天国の方。 実に残念です・・・。

 この日より早速、番組製作開始!

 先生は私に、主演の奥様をけなげに
 助けて行くという、義理の弟の役を
 与えて下さいました。

 役の大きさもさることながら、本格的な
 長丁場の連続ドラマ初挑戦!!

 24歳の三波、さすがに武者震い
 でありました・・・。

                      (つづく)

00099.jpg

10月 1, 2006 ぬかるみの女 | | コメント (13) | トラックバック (0)