« 今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』 出演の皆さん | トップページ | がんばれひんべぇ!! 安西正弘くん »

2006/10/15

今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』 出演の皆さん 2

 山村役、本郷功次郎さんには本当に
 色々な事を教えていただきました。
 女性が大挙出演の所、待ち時間に
 男二人・・・という感じでしたので。

 さすが大映黄金時代を引っ張った方、
 山村さんそのままに、素敵なお話を
 たくさん聞かせていただきました。

 我兄貴の身を破滅させた東京から来た
 ホステス、ヒサミを演じたのが片桐夕子さん。

 あの日活の片桐さんが今、目の前に
 いらっしゃる・・・・・。
 まだ24歳の私、本当に緊張しました!!

Nuka2a

 そして、その緊張感をあおったのが、
 片桐さんと組む悪徳支配人を演じる
 平泉 成さん。 若い!!

 その時はまだ、平泉 征と名乗って
 いらっしゃいましたが、本当に恐しく、
 迫力がありました・・・!
 最近は京都やゴルフ場で良くお会いしますが、
 お話の楽しい素敵なおじ様です。

 もう・・、伊東美咲ちゃんのお父さんなんか
 やっちゃって・・・。

 今やカラオケにテーマソングが入ってます、
 石川さゆりちゃん。

 主題歌を歌った彼女、花登先生の
 洒落でワンシーン出演となった次第。

 設定はなんと私の彼女!
 正和が海産物を扱っているので、そこから
 歌手志望の彼女の芸名を “さより” と付けた、
 なんていう味付けもされてます・・・。

Nuka31a

 さて、前回の制作発表の時の別バージョンが
 ありました。 

 私の隣り、真木洋子さんが写ってらっしゃる。
 NHKの朝ドラ、藍より青くのヒロインは、
 メトロ時代の準子さんの最大のライバル、
 アケミを好演されました。
 喧嘩のシーンなどすごい迫力でした!

 そのアケミに睨みを利かせる水野久美さん、
 おねえしゃんと共に戦う正司照枝さん。
 その自然なセリフ廻し、ベテランの味に
 感服していました・・・・・。

Nuka03_2

 さて今再放送を見ると、24の私は
 やはり演技に余裕がないですねぇ。
 博多弁もあまり正確ではなく、
 本当に恥ずかしい限りです・・・。

 しかし、私にとっては大事な歴史。

 『 飽きずにやるから商い 』
 『 はたを楽にするから働く 』・・・、
 花登ワールドの楽しさと共に、
 まだ青い三波豊和を、
 よろしくお願いいたしますばってん!!

10月 15, 2006 ぬかるみの女 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日もどこかで 『 ぬかるみの女 』 出演の皆さん 2:

コメント

演技に余裕がない?そんなことないですよ!
バーテンの正和さんは、とっても板についてます。
勝つ舌もよく、きりりとした動き、全てにおいて。。
他の皆さんの演技も、ドラマには思えないくらい自然で、ついつい見入ってしまいます。録画してるので、最近はずっと部屋で流してます。
この時代、素朴な人間関係がとってもいいですよね。
今は、心を込める という言葉の意味が薄くなってきたように思えます。だから、このドラマを観ていてとても癒されるんだと思います。。

投稿: きょん | 2008/08/21 15:10:29

これからもよろしくお願いいたします!

投稿: Toyokazu | 2008/08/22 0:59:36

三波豊和様。

はじめまして。突然のお便りで失礼いたします。

わたくしは大阪市在住の野地夏子、46歳主婦です。

私事ですが、約10年前、結婚した当初、マリッジブルーが尾を引いてか、家に引きこもるようになってしまいました。そんな時、大阪では確かテレビ大阪?でぬかるみの女の再放送がありました。結婚生活に悩んでいたわたしの唯一の楽しみで、最終回まで毎日見させて頂きました。舞台が大阪だったのも身近に感じたのもありましたし、実家の母も当時の放送を観ていたらしく、実家に電話しては、番組の話題で母と話すのがとても気持ちが癒されたものです。

それからも実生活では色々ありましたが、夫と出雲大社に行く機会があり、その前から三波さんのこちらのブログを拝見させて頂いていたわたくしは、京まいこさんが嫁がれた加せべさんに急遽伺いまして、美味しい美味しい天ぷらをいただきました。お店に入った瞬間に、おかみさんでいらした女性が京まいこさんだとすぐに分かりました。凄く迷いましたが、勇気を出して、京まいこさんですか?とお声を掛けさせて頂きました。そこからぬかるみの女のお話や、花登筐さんの劇団にいらしたお話をしてくださり、こちらのブログのお話をいたしましたら、三波さんのことを豊和くんが!と仰っておられましたよ。

一昨年、また出雲大社に行く機会がありましたが、団体で行きましたので加せべさんに伺う時間が無く、昨年は悲しいことに星由里子さんが亡くなられ、京まいこさんお元気かなぁ、てたまに夫と話をしていました。

先程、一昨年に出雲大社にご一緒した方から連絡がありまして、加せべさんのことを思い出し、三波さんのブログを拝見していました。

残念ながら、加せべさん、2016年にお店を閉じられたことがネットの記事で分かりました。ご主人のことが2017年の記事で載っていましたが、京まいこさんのことが気になって、思わずこちらに連絡をしてしまった次第でございます。正直なところ、ぬかるみの女に出られていた京まいこさんのおもかげは加せべの女将さんからはあまり感じられませんで、お声を掛けるのも躊躇いたしましたが、京まいこさんがとても嬉しそうに沢山お話くださいましたので、今でもお話できて良かったなぁ、て思っております。

それもこれも三波さんのこちらのブログのお陰です。本当にありがとうございます。

今年は東京オリンピックが無くなり、思いもかけないような年になってしまいましたが、三波さんもどうかお身体にはくれぐれも気をつけて、またテレビや舞台でお元気なお姿を見られるのをとても楽しみにしております!

それから先程メッセージに書きました実家の母ですが、千葉県旭市出身で、今は嫁いで奈良県生駒市というところに住んでおりますが、母の叔父が三波豊和さんのお父様の三波春夫さんの講演会?に入っていたそうで、幼少の頃の豊和さんにお逢いしたことがある、と何度か聞いております! 余分なことを長々と申し訳ございません。

大阪もコロナ感染者が多いので、また家に篭りがちになっておりますが、テレビを観ても気分が暗くなることが多いので、you tubeでぬかるみの女がいくつかありましたので観ていたところです!

三波豊和さま、一方的に本当に申し訳ございません。加せべさんにもう行けないこと、星由里子さんがお亡くなりになられたことは非常に残念で淋しく、時の流れを感じざるを得ませんが、前向いて元気に生きていきたいと思います! 色々ありますが、何とか結婚生活もやっております。

これからも三波さんの発信を楽しみにしております!

大阪市 野地夏子

投稿: 野地夏子 | 2020/08/02 15:40:43

コメントを書く