« 風間トオル君 お誕生会 | トップページ | 石原裕次郎さんと »

2006/08/21

富士山にチャレンジ!! その2

00003.jpg

 前回登った時。

 最初歩きはじめるとすぐに足が重くなり、
 いかにも疲労物質・乳酸が充満してきたなぁ・・・
 という症状が出たのですが、
 だいたい15分ぐらいたつとこれが嘘のように
 軽くなりました。

 おそらく、日頃それほどしっかり歩いていないので、
 いわゆる車の暖機運転のようにエンジン、つまり
 筋肉が血流などによってしっかり機能するまで
 つらいんでしょうね。

 やはり今回もそうでした。
 最初は大変でしたが段々調子が上がって来まして・・。

00004.jpg

 ところが、3000mになるかならないかで
 今回は早めに来ました、高山病!

 頭が重い、痛い、なんかクラクラ、
 平衡感覚も怪しい・・・。
 (実はこれが、下りてから1週間くらい
  続きました・・・)

 スタッフが、20年前には無かった携帯酸素を
 持っていてくれたので、それを吸いながら、
 そしてチョコレートなど甘い物を確実に
 補給しつつ、多分に休みつつ、進んで行きました。

 因みにチーズ、これが思いの外美味しかったです・・・。

00005.jpg

 山小屋での写真は笑ってますが、あとはお見せ出来る
 顔ではなかったでしょう。
 寒さは一段と増し、トレーナーを2枚着ても
 まだ寒い・・・。

 そしてそして、とにかくみんなで励ましあった
 お蔭で、ついについに山頂に到着!!
 出発から、およそ6時間半・・・。

 佐々木達人が、にっこり出迎えてくれました。
 聞くとやはり天候が悪かったので、いつもより15分遅れ、
 2時間50分で登頂したとの事・・・・・・。

 まっっったく次元が違います!!

00007.jpg

 必要最低限を撮ったらすぐに下山。

 実は達人は富士山を下りた後、クールダウンのため、
 金太郎の伝説でおなじみ、金時山に登ってから
 お帰りになるのです。
 もう、どこまですごいのやら・・・・・。

 そして次の日も登る、という所を撮らなければ
 ならないので、朝3時に起きて
 再び富士山5合目に・・・。

00008.jpg

 この日は良く晴れました。
 昨日とはえらい違い・・・。
 しかし結局私は6合目まで行った所で
 ついにリタイヤ。
 北斗の拳に突かれたみたいに、もう足の筋肉が
 破裂しそうでした。

 文字通り、アタタタタタタッッ!!!!

 佐々木さんはこの日も無事登頂成功。
 その思いの高さに感激することしきり。
 素晴らしい方にお会いできました!

00009.jpg

 富士山。

 遠くから見ると憧れますが、やはり一般的には
 このように仕事でないと、なかなか登るという
 踏ん切りはつかないですよね。

 人生50年の節目に、再びこのようなチャンスを
 いただけた番組、そしてスタッフに、
 感謝感謝でございます。

 ほんとう~~~に、お疲れ様でした!!

00010.jpg

8月 21, 2006 国内外旅行 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193944/12686740

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山にチャレンジ!! その2:

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入