« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

山口百恵さんのおかげで・・・

 昭和51年5月、私は新人歌手の一人として
 CBSソニーレコードよりデビューしました。

 所属はホリプロダクション。
 (本当にお世話になりました・・・)

 タレントさんは、何人かのチーフの下
 班別に分かれていました。
 私はその時、百恵さんと一緒のグループ。

 私の誕生日は8月10日、デビューから3ヶ月目。
 事務所の一言、
 「よし!ここで一押し、豊和の誕生会だぁっ!!」

Momoesan2

 早速来て下さったのが百恵ちゃんと、
 デビュー2年目の片平なぎさちゃん!
 (2時間ドラマの女王も、ホント変わらないですね)

 後には、事務所が手配してくれた各局からの
 お祝いのお花がズラリ!

 お蔭様で計画通り、テレビや新聞などで
 しっかり扱って下さいました。

 この時私、大学2年の21歳、百恵さん17歳。

Momoesan1
 その後も「うちの百恵を出すから、三波も・・・」と、
 いわゆるバーターと言う形で、色々な番組に
 出る事が叶いました。

 新人三波、先輩のお力を
 たくさんたくさんお借りしまして・・・。

 百恵さん、本当に
 ありがとうございました!!

Momoesan3

8月 31, 2006 交遊録 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/08/27

第8回 ヨネックスレディス 2006

poster.jpg

 文字通り熱い暑い戦いでした。
 優勝の大山プロ、女子プロ史上初の月間3勝!
 いやぁ~、本物です・・・!!

 さて、本戦に先立ち今年も24日にプロアマが行われ、
 私も参加させていただきました。

00140.jpg

 いつもお世話になっております、ヨネックスの
 米山宏作社長とホステスプロ、米山みどりさん。

00141.jpg

 2003年優勝、昨年ご一緒しました
 古閑美保プロともチーズ!

 今年ご一緒は左、愛読誌ゴルフダイジェストの社長、
 木村玄一さんと、
 あのニキニキニキニキ 二木ゴルフの三代目、
 二木(ふたつぎ)一成さん。

00142.jpg

 そして強い味方はこちら。
 昨年プロ合格でいきなりシード権獲得、
 今年早くもツアー1勝! 
 現在ランク11位の美人プロ、飯島 茜さん。

00143.jpg

 とにかくみんなで励まし合い、ラインを読み合い、
 なかなか息もピッタリ。
 がんばりました、チーム15アンダー。
 お蔭様で3位入賞となりました・・・!

 すでに開場10年、本当に素晴らしいゴルフ場に
 なりましたヨネックスカントリークラブ。

 生みの親である米山稔大会会長夫妻も
 笑顔笑顔でした。

 来年も、楽しみで~す!!!

0827-15.jpg

8月 27, 2006 スポーツ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

石原裕次郎さんと

 6月の日記で、親父が所属していた
 テイチクレコードのヒット賞の授賞式で、
 今またドラマ化されている林家三平師匠との
 2ショットを御覧いただきました。

 そしてそして、テイチクレコードには
 こんな大スターも所属されていました。

 そう、『 石原裕次郎 』 さんです!!

 今でも、カラオケで歌われる方は多いはず。
 甘い声、楽曲としての素晴らしさ、
 永遠の名作がたくさんありますよね。

Yujirosan1
 この年、親父は生意気にも、またまたこの
 授賞式を欠席しているようです。
 そこで長男、豊和君の出番となりました。
 たぶんまだ、幼稚園生ですね・・・。

 「おぉ~、君が三波さんとこの坊ちゃんか!」
 と、抱っこしていただきまして・・・。

 ありがとうございます!!

Yujirosan2
 最後の記念撮影も、社長をはさんで
 裕次郎さんと右左!

 (皆さんの服装に、時代を感じます・・・)

 ハイソックスで、見事に大役を果たした
 豊和少年でした・・・・・!!?

8月 23, 2006 思い出 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/21

富士山にチャレンジ!! その2

00003.jpg

 前回登った時。

 最初歩きはじめるとすぐに足が重くなり、
 いかにも疲労物質・乳酸が充満してきたなぁ・・・
 という症状が出たのですが、
 だいたい15分ぐらいたつとこれが嘘のように
 軽くなりました。

 おそらく、日頃それほどしっかり歩いていないので、
 いわゆる車の暖機運転のようにエンジン、つまり
 筋肉が血流などによってしっかり機能するまで
 つらいんでしょうね。

 やはり今回もそうでした。
 最初は大変でしたが段々調子が上がって来まして・・。

00004.jpg

 ところが、3000mになるかならないかで
 今回は早めに来ました、高山病!

 頭が重い、痛い、なんかクラクラ、
 平衡感覚も怪しい・・・。
 (実はこれが、下りてから1週間くらい
  続きました・・・)

 スタッフが、20年前には無かった携帯酸素を
 持っていてくれたので、それを吸いながら、
 そしてチョコレートなど甘い物を確実に
 補給しつつ、多分に休みつつ、進んで行きました。

 因みにチーズ、これが思いの外美味しかったです・・・。

00005.jpg

 山小屋での写真は笑ってますが、あとはお見せ出来る
 顔ではなかったでしょう。
 寒さは一段と増し、トレーナーを2枚着ても
 まだ寒い・・・。

 そしてそして、とにかくみんなで励ましあった
 お蔭で、ついについに山頂に到着!!
 出発から、およそ6時間半・・・。

 佐々木達人が、にっこり出迎えてくれました。
 聞くとやはり天候が悪かったので、いつもより15分遅れ、
 2時間50分で登頂したとの事・・・・・・。

 まっっったく次元が違います!!

00007.jpg

 必要最低限を撮ったらすぐに下山。

 実は達人は富士山を下りた後、クールダウンのため、
 金太郎の伝説でおなじみ、金時山に登ってから
 お帰りになるのです。
 もう、どこまですごいのやら・・・・・。

 そして次の日も登る、という所を撮らなければ
 ならないので、朝3時に起きて
 再び富士山5合目に・・・。

00008.jpg

 この日は良く晴れました。
 昨日とはえらい違い・・・。
 しかし結局私は6合目まで行った所で
 ついにリタイヤ。
 北斗の拳に突かれたみたいに、もう足の筋肉が
 破裂しそうでした。

 文字通り、アタタタタタタッッ!!!!

 佐々木さんはこの日も無事登頂成功。
 その思いの高さに感激することしきり。
 素晴らしい方にお会いできました!

00009.jpg

 富士山。

 遠くから見ると憧れますが、やはり一般的には
 このように仕事でないと、なかなか登るという
 踏ん切りはつかないですよね。

 人生50年の節目に、再びこのようなチャンスを
 いただけた番組、そしてスタッフに、
 感謝感謝でございます。

 ほんとう~~~に、お疲れ様でした!!

00010.jpg

8月 21, 2006 国内外旅行 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/19

風間トオル君 お誕生会

 本日は俳優、風間トオル君の44回目の
 お誕生日。

 おめでとうございます!!

 で、昨晩、盛大なる誕生パーティーに
 呼んでいただきました。

00112.jpg

 実は彼とは、まだ一回もお仕事を一緒に
 した事がありません。
 何度かゴルフのコンペでお会いしたくらい・・・。

 でも、お話ししててとっても楽しいんです!

 こんな私を「待ってヤス!!」とメールをくれるナイスガイ。
 参加されている方々も、素晴らしい皆さん。

 日本一カッコいい44歳、
 一度ゴルフをいたしましょう!!

 あっ、、、ドラマも・・・・・・。

8月 19, 2006 交遊録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

富士山にチャレンジ!! その1

 ここの所、週に1回位のペースでロケに
 出ているのが、『おもいッきりテレビ』 の噂の達人を
 追い駆ける13時過ぎのコーナー。

aaaf_022-z.jpg

 詳しくはまた、色々な世界の達人をご紹介しますが、
 その中でも大ネタ、66歳で毎日あの日本一の
 富士山に登るという方の取材のため、
 私も頂上を目指す事となりました。

 実は、これが初めてではありません。
 昭和60年頃、NHKの『ひるのプレゼント』 で
 一週間富士山を特集。

fuji00001.jpg

 放送の本隊は、例えば河口湖のテニスコート辺りにあり、
 そこから富士山を望み「今日の頂上はどうですか?」
 となると、日替わりゲストが山頂から中継を
 始めるというもの。
 (左後に頂上の測候所がうっすら写ってます・・・)

 この時は前日15時位から五合目より登りはじめ、
 本八合で一泊、次の日頂上に到着。
 12時20分からの本番を終えて、須走をそれこそ
 半ば走って帰って来ました。

 とにかく高山病に悩まされたのと、
 甘い桃の缶詰をやたら欲しくなった事を
 覚えています。

fuji00002

 ウ~~ン、若いなぁ・・・。
 この時私、まだ20代!

 そして50歳の夏、再挑戦!

 毎日登る達人は神奈川県は秦野にお住まい、
 元学校の先生の佐々木茂良さん。

 前日より秦野に泊り、午前2時半には起床!
 達人の車と共に、五合目まで1時間。
 まだ明けやらぬ駐車場には、もう次から次へと
 登山者が来訪。

 ただ、雨がシトシトと降り、霧もかなり深い。
 スタッフより、中止・延期の提案が出るほど・・・。

 平地ではもちろんTシャツでOK。
 しかし上は7月だというのに、長袖シャツの上に
 トレーナー、更に写真の様に上下ゴルフの
 レインウエアーを着込んでも全く暑くない・・・。

 スタートは、一番険しいという富士宮口より。
 達人、いきなり早い早い!
 聞くと毎日頂上まで2時間半で到達すると言う。
 ちょっと、大変な事になりました・・・・・・。

aabv_003-a.jpg

 我々はこの事態に対抗し、番組スタッフの中で唯一
 マウントFUJI に精通、富士山より24時間テレビの
 中継の経験もある高野ディレクターと、
 日頃はスタジオの最初の特集コーナー担当のベテラン、
 雪島ディレクターの最強タッグ!

 しかししかし、どんなに強力なサポートがあっても
 登るのは自分。 頼りはただ自分の足のみ・・・。

 達人には迷惑が掛かるので、自分のペースで
 登っていただき、素人は静かな幕明け。

 雨は遠慮なく降り続く。

 果たして本当に、霊峰富士への挑戦は
 なるんでしょうか・・・・・。

aabv_025-a.jpg

8月 17, 2006 国内外旅行 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

クリストファー・ロイドさん

 先日関西の仕事が続き途中時間が出来たので、
 念願の 『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』 に
 初めて行けました。
 (遅くてすいません・・・)

 まだその日は夏休み前だったので結構スムーズ。
 アトラクションもガンガン乗れたし、
 ディズニーとはまた違った魅力で
 とても楽しく過ごせました。

aabt_004-a.jpg

 特に 『スパイダーマン』 の凝った作りには脱帽。
 ただあまりの激しい動きにちょっと
 酔いそうでしたが・・・。

 『ジョーズ』 のお船を操るお姉さん、
 もうあっちこっち銃をぶっ放しちゃうんだから。

aabt_012-a.jpg

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 のタイムマシーン、
 デロリアンの前でもお約束。

 館内はご存知エメットブラウン博士、通称ドクが
 乗り物への注意から、ストーリーの進行役まで
 もう大忙し!

 アテレコは青野武さん。
 青野さんといいテレビシリーズ時の穂積隆信さんといい、
 声を吹き替えているなんて微塵も思わせない名人芸、
 もおぉぉぉ素晴らしい! 大好きです!!

aabt_015-a.jpg

 で、その巧妙なおしゃべりにウンウンと
 頷きながら列を進んでいて、ふと思い出しました。

 ≪ ぼく、この人に会った事あるぞ!≫ と。

 そうです。

 ドク役のクリストファー・ロイドさんは、
 1990年のフジテレビのキャッチフレーズ、
 【 それ、世の中動かしてますか 】 の
 キャラクターとして起用されてました。

 来日された時にちょうど、わが銭形平次の撮影が
 京都で始まったので、昔へのタイムスリップと
 言う事に引っ掛けて、わざわざ太秦まで
 いらしたんです!!

doku-a.jpg

 私達は映画の中でしか存じ上げなかったので、
 本物がとてもお若いのにビックリ!

 確かこの時北大路さんよりちょっと上、
 50を少し出た位でいらしたと思います。

 十手に大変興味を持たれ、どういう風に
 使うんだと盛んに訊かれていました。

 実は、素顔はとっても穏やか、

 なかなか知的な方でしたヨ!!

8月 12, 2006 国内外旅行 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

世界のスーパースター テニス編

 16歳で世界を制した 『 マルチナ・ヒンギス 』 さん!

 実に強かった、そして華麗でした。
 ずっとお休みは寂しかったですが、見ました?
 今年2月の東レ・パンパシフィックの対シャラポア戦。

 いやぁ、本当にすごかった!
 神懸ってました!!

00136.jpg

 私は中学から軟式テニス、高校から硬式にも参加、
 大好きな競技なので昔から色々な試合を見ました。
 テレビで・・・。

 ウインブルドンのボルグVSコナーズが、やっぱり
 一番感動したかなぁ。
 それに勝るとも劣らない名勝負でした!

 この写真はその少し前、ヨネックスさんの展示会に
 遊びに来られた所をパチリ。

      ☆             ☆

 そしてこちら、ヒンギスさんはこの方から名前を
 もらいました、『 マルチナ・ナブラチロア 』 さん!

00137.jpg

 これは彼女の思いっきり現役時代、ヨネックスさんの
 CM撮影の時、遊びに来ないかと嬉しいお誘い。

 そして何と、彼女のウォーミングアップの相手として
 ボールを打つ事となりました・・・。

 いやぁとにかく、重く伸びる球、しかも正確な
 コントロール。
 さすがの世界一でした!

00138.jpg

 最後は男性プレーヤー。

 93・94年の全仏優勝者、『 セルジ・ブルゲラ 』 さん!
 スペインのクレーコートの貴公子とは、これまた
 ヨネックスさんの催し物で、あの有明コロシアムで
 ペアーを組んだんです。

 そして私、大変な失礼を・・・。

00139.jpg

 バックサイドからのサーブ、私のボールは回転があまり
 掛からず、何と前でネットについていたチャンピオンの
 背中を直撃!!

 満員のお客様からは笑いの嵐、
 私は彼に駆け寄り、もうほとんど土下座状態です。

 「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と、彼は日本語で・・・。
 気を取り直してのセカンドサーブ、ふと見ると彼は、
 右手を後に回してガットの張った面ですっぽり背中を
 隠していました。

 これを見て一段と盛り上がる客席の皆さん!
 全く計算外のパフォーマンスとなってしまいました・・・・・。

8月 7, 2006 スポーツ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

同級生 中村勘三郎さん

 先日、久しぶりに高校の同窓会がありました。
 彼の襲名をみんなでお祝いしようと言う
 副題も付いてます。

 彼とは・・・、そう中村勘三郎さん。

 ずっと中村勘九郎を名乗ってました。
 本名、波野哲明(のりあき)君。

00086.jpg

 これが一番新しい彼との写真。
 ともに50歳。

 そして・・・、
 これが彼と初めて出会った時の写真!

00087.jpg

 小学校の入学式、ABC(仏語式でアーベーセー)順で、
 2人は偶然机の列が、隣りの一番前になりました。

 ともに6歳!

 私も子供でしたから、歌舞伎の世界なんて
 まだよく分かりません。
 でも、な~~んか感じるものがありました。

00088.jpg

 良く遊びました、そして、
 良くケンカもしました・・・。

 一度など、水飲み場付近で取っ組み合いになり、
 お互いの友達も含めみんなびしょ濡れ!
 全員医務室に運ばれた事もありました・・・・・。

00089.jpg

 運動会、
 「がんばれーー!」と声援する豊和君と
 「大丈夫かなぁ?」と不安そうな勘九郎君・・・。

00090.jpg

 楽屋で、お父様にもご挨拶・・・!

 結局暁星学園での、高3までの12年間、
 ずっと一緒。

 その時から彼の集中力・爆発力は
 さすがでした。
 そして、今の大活躍はご承知の通り!

 伝統と革新の融合、
 これからも歌舞伎という世界の
 フラッグシップとして、ぜひぜひ
 頑張っていただきたい。

 小学校時代のやんちゃ君
 そのままに・・・。

 ぼくも学友として、誇りに思います!

8月 1, 2006 交遊録 | | コメント (0) | トラックバック (0)